Doorkeeper

アジャイルプロダクト実践セミナー 〜プロダクトの芯を生み出すツールとプロセスを身につける〜

2014-05-14(水)13:00 - 17:30

SBヒューマンキャピタル 株式会社

東京都港区六本木2-4-5 興和六本木ビル6F 会議室3

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

16,200円 前払い

詳細

あなたのプロダクトには芯はあるか?

繰り返しながらフィードバックを受入れつつ開発する前に、まずやることがあります。それは 企画から詳細までを貫く芯をどう作るか です。

このワークショップでは、プロダクトの目的や価値を明確にしながら、コンセプトをまとめていき、そこから詳細な要件を生み出して、本当に大事なものに絞り込むまでの一連の流れを学びます。

関係者全員の心を1つにするプロダクトの芯を生み出すプロセスを是非体験してください。

このような悩みをお持ちの方にお勧めします

  • 製品企画の責任者、プロダクトオーナー
    • 変更を重ねていくうちにプロダクトの目的を見失ってしまう
    • 要件は沢山あるが全体像が見え辛い
    • 要件の優先順序をどのようにつけてよいかわからない
    • 要件を最小限に絞り込むことが難しい
    • 開発者にプロダクトの魅力が伝わらない
  • 顧客要件とりまとめ担当者
    • 顧客の期待と異なるものを作りあげてしまう
    • 開発者と、顧客の欲しい者の間のギャップを埋めるのが難しい
    • 顧客の要件の変化に追従するのが大変だ

得られること

  • 顧客価値に基づくプロダクトコンセプトの作り方
  • 全体像の俯瞰と最小限の要件の絞り込み方
  • コンセプトに基づく要件一覧の作り方
  • アイデア〜コンセプト〜要件までの流れるようなプロセス

プログラム(予定)

時間 内容 説明
13:00 - 13:30
13:30 - 14:30
14:40 - 15:40
15:50 - 16:50
16:50 - 17:30

講師

懸田 剛

合同会社カルチャーワークス 共同代表。アジャイルプロセス協議会 四国支部代表。
2009年まで、永和システムマネジメント、チェンジビジョンでアジャイルなシステム開発、製品開発、コンサルティングに従事。2010年より、拠点を愛媛に移し、プロジェクトファシリテーション、アジャイル開発の文脈で顧客の現場を支援する。地方にアジャイルな考え方や行動を広めるべく奮闘中。ユーザーストーリーマッピングを日本で最初に紹介した。
(詳細はブログのプロフィール にて)

市谷 聡啓

ギルドワークス 代表。
SIとサービス開発、性質の異なるシステム開発の経験を経て、利用者にとって価値をもたらすシステム開発を追求するべく、アジャイルな開発と向き合い続けている。システム開発を取り巻く環境の改善や推進を目的に開発コミュニティDevLOVEを2008年から立上げ、主催している。2014年4月よりギルドワークス株式会社 代表。
Blog The Dragon Scroll
Twitter @papanda

コミュニティについて

ダブルワークス

ダブルワークス

カルチャーワークス と ギルドワークスで各種セミナーを提供します。 カルチャーワークス http://www.cultureworks.jp/ ギルドワークス http://guildworks.jp/

メンバーになる